ソーラーシステムは太陽光発電(ソーラー発電)ソーラーパネルの経済メリット、オール電化+太陽光発電へのリフォームなど

ソーラーグッズ
 □ソーラーライト
 □ソーラー充電器
 □ソーラー時計
 □ソーラーインテリア

ソーラー発電
 □ソーラーチャージャー
 □ソーラーパネル

ソーラーハウス


太陽光のエネルギーは薄く広く分布するが、地球全体では膨大な量となる。太陽から地球全体に照射されている光エネルギーは、ワット数にして約180PW(P=ペタ=10の15乗)である。そのうち、地上で実際に利用可能な量は約1PWといわれる。これは現在の人類のエネルギー消費量の約50倍である。またゴビ砂漠の半分に現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られる[1]。設置場所における年間の日射量は緯度や気候によって異なる。日本では約1200kWh/m2である。欧州では中部で約1000kWh/m2、南部で約1700kWh/m2である。また赤道付近の国々では最大約2600kWh/m2に達する。


太陽光発電システムの生産に必要な原料も基本的に豊富である。セルの主要原料であるシリコン(珪素)の資源量は事実上無限である。それを精製した高純度シリコン原料は生産が需要に追いつかない状況であり、原料メーカーの増産が続いている。太陽電池の薄膜化と原料の増産で解消が見込まれている。なお太陽電池の生産には微細シリコン半導体デバイスほどの原料純度(11N〜)は必要ない。そのため高純度原料製造工程で発生したオフグレード品や、リサイクル品のシリコンなどが原料として用いられていたが、生産量の増大に伴い、太陽電池専用の比較的純度の低い(7N程度)、ソーラーグレードシリコン(SOG-Si)原料の増産の動きが活発である。





概要

現在の太陽光発電のコストは、発電電力量あたりで見るとまだ比較的高い。しかし需要が多く電力料金の高い昼間のみに発電するため、実際には他電源との比較における太陽光発電の価値は単純な発電電力量あたりで見たときよりも大きくなり、コスト的にも既に実用域に達しつつある。


* 太陽光発電のコストは機器の購入費用でほぼ決まる。
* 事前の調査に要する期間や工期は概して短く、その間の利子は無視できる場合が多い。
* 運転に燃料費は不要である。
* 保守・管理費用も小さい(通常、約10年ごとの機器のメンテナンスのみ)。
* 設置や廃棄に要する費用は設置形態に依存する。平成17年度のデータでは、設置工事費用は平均約8万円である。
* 建築物の構造(壁面や屋根、窓等)を兼ねる場合など、純粋に発電部のコストだけを分けて見積もるのが難しいケースもある。


参照:Wikipedia


             
  
































































海外旅行 国内旅行 温泉 宿泊施設 観光施設・レジャースポット 世界の国・地域 日本の都道府県・地域 リンク集と総合情報 ファッション・美容 料理・グルメ ペット 住まい・暮らし 防犯・防災 出会い・コミュニケーション 恋愛・結婚 育児・子育て 福祉・高齢者 宗教 行事・冠婚葬祭・マナー 市民活動・ボランティア 環境・自然 リンク集と総合情報                  




    Copyright (C) 2007 shop31.com All Rights Reserved
   ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
Google Sitemaps用XML自動生成ツール

     Top

1.ソーラー発電とは?

2.ソーラー発電のメリット

3.ソーラー発電で電気の売買が可能!

4.ソーラー発電の取り付けにかかる費用

5.日本国内で導入可能な規模、導入効果の目安

6.日本におけるコスト

7.家庭での利用

8.日本の主な太陽光発電システムメーカー

9.太陽電池の利用例


10.※参考
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi