ソーラーシステムは太陽光発電(ソーラー発電)ソーラーパネルの経済メリット、オール電化+太陽光発電へのリフォームなど


ソーラーグッズ
 □ソーラーライト
 □ソーラー充電器
 □ソーラー時計
 □ソーラーインテリア


ソーラー発電
 □ソーラーチャージャー
 □ソーラーパネル


ソーラーハウス


ソーラー発電とは?

ソーラー発電は太陽光発電とも呼ばれ、文字通り太陽の光(ソーラー)を利用して電気を作ることです。家ごとにソーラー発電システムを取り付けて電気を作り出すのです。簡単に言えばソーラー発電システムを取り付けると、家が小さな発電所になるのです。

私たちが普段使っている電気は火力・原子力・水力を主として作られています。火力・原子力発電にはエネルギーになる燃料が必要ですし、水力発電の多くはダムが必要です。

火力・原子力発電で使用する燃料は限りがあり、100年以内に地球上の燃料は採掘されつくしてしまうといわれています。

それに比べソーラー発電は地球上のエネルギー燃料に頼ることなく、太陽の光をエネルギーにして発電するので資源の心配をする必要がないのです。

二酸化炭素を出さないので、次世代発電システムとして注目されています。


太陽光発電(たいようこうはつでん、Photovoltaic power generation)は、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電とも呼ばれる。導入費用が高めな代わりに、昼間の電力需要ピークを緩和し、温暖化ガス排出量を削減できるなどの特長を有する。近年の競争によって性能が向上し、設置や保守が容易である等の利点や産業としての将来性を買われ、特に海外で需要が拡大している。



太陽光発電は従来の集中型電源とは様々な点で異なる特徴を持つ。電源としては、昼間時のみに発電することが最大の特徴である。再生可能エネルギーの一種であり、二酸化炭素などの温室効果ガス(Greenhouse Effect Gas, GEG)の排出量削減に貢献し、運転用燃料の調達リスク(コスト)が無い。最大の欠点は導入コストがまだ比較的高く、日本の現行制度下では電力会社以外の設置者にとって採算性が不確実なことである。以下、主な長所や短所を列挙する。


利点・特長

* 太陽光を利用する再生可能エネルギーであるため、資源をとり尽くす心配が無い。
* 技術的に利用可能な資源量が豊富である。
* 温室効果ガス排出量の削減効果がある。
* 出力のピークが昼間の電力需要ピークに対応する。
* エネルギーの自給率を向上させる。
* 可動部分が無いため、基本的にメンテナンスフリーである。
* 小規模でも効率が低下しないため、任意の規模で利用できる。
* 運転に燃料を必要としないため、燃料費変動などのリスクを回避できる。
* 運転時に排気ガスなどの有害物質の排出がない。
* 需要地に近接して設置でき、送電のコストや損失を低減できる。
* 建築物の屋根や壁面に設置でき、専用の土地を必要としない。
* 移設・転売・廃棄・リサイクルなどが容易である。
* 可搬式または移動体用の電源としても利用できる。
* 冷却水が不要である。
* 工期が短く、需要量の予測のずれによるリスクを低減できる。
* 分散型電源のため、災害などの有事における影響範囲を小さく抑えられる。
* メンテナンス等に要する時間が少なく、稼働可能率が非常に高い。
* 個々の所有者の節電意識を高める効果が期待できる。
* 非常用電源として利用できる。
* 輸出産業として成長が見込める。

欠点・課題

* 発電電力量当たりでみるとコストが比較的高い。ただしピーク出力当たりで見ると競争力が高くなる。
* 発電電力が天候に左右される(曇天・雨天時、パネルに積雪した場合は発電量が低下する)。
* 夜間は発電できない。
* 設置面積当たりの発電電力量が既存の発電方式に比べ低い。

参照:Wikipedia















































    Copyright (C) 2007 shop31.com All Rights Reserved
   ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

     Top

1.ソーラー発電とは?

2.ソーラー発電のメリット

3.ソーラー発電で電気の売買が可能!

4.ソーラー発電の取り付けにかかる費用

5.日本国内で導入可能な規模、導入効果の目安

6.日本におけるコスト

7.家庭での利用

8.日本の主な太陽光発電システムメーカー

9.太陽電池の利用例


10.※参考

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi