ソーラーシステムは太陽光発電(ソーラー発電)ソーラーパネルの経済メリット、オール電化+太陽光発電へのリフォームなど



ソーラーグッズ
 □ソーラーライト
 □ソーラー充電器
 □ソーラー時計
 □ソーラーインテリア


ソーラー発電
 □ソーラーチャージャー
 □ソーラーパネル


ソーラーハウス


ソーラー発電の取り付けにかかる費用

それではソーラー発電を取り付けたいと思っても気になるのが費用です。

昔はソーラー発電を取り付けるだけで1,000万円近くかかるといわれていましたが、現在ではずいぶん安くなり300万円程度で取り付けができるようになりました。

そのうち国や地方自治体から40万円前後の補助金を受けることができます。

一度に200万円以上の費用がかかると思うと躊躇してしまいますよね。ですが長期的に光熱費を考えるとソーラー発電を取り付けた方がお得なんですよ。
ソーラー発電にした後どのくらいで元がとれる?

「長期的」というとどのくらいの期間でソーラー発電の設置分の元が取れるのでしょうか。

せっかく大金を出してソーラー発電を取り付けるのですから、本音としては損したくないですよね。オール電化にしてソーラー発電を使用した場合、約15年程度でプラスマイナスゼロになります。

太陽電池パネルの寿命は約30年ですし、家自体も15年で立て替えることはあまりないですよね。

ということは、ソーラー発電を取り付けてから約15年経過するまではソーラー発電の購入費がかかりますが、それ以降は電気代の大幅節約になるというとことです。




オール電化の年間電気代は約20万円ほどです。ソーラー発電に切り替えると電気代も今以上に気にするようになるといいますから、実際は電気代をもっと抑えることができます。

20年、30年と長期に渡って電気代を考えるならばソーラー発電にした方がお得ですね。

ソーラー発電を取り入れたい時は、メーカーがインターネット上で無料見積を行なってくれます。

また各住宅メーカーも積極的にソーラー発電システムを取り入れた住宅を販売しているので、住宅購入を考えている人はそのときに一度ソーラー発電の価格を聞いてみてください。

今後はどんどんソーラー発電を取り入れる家が増えていくのでしょうね。上から見たらどの家の屋根もキラキラ光ってまぶしい日がくるかもしれません。







参照:Wikipedia


              























































    Copyright (C) 2007 shop31.com All Rights Reserved
   ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

     Top

1.ソーラー発電とは?

2.ソーラー発電のメリット

3.ソーラー発電で電気の売買が可能!

4.ソーラー発電の取り付けにかかる費用

5.日本国内で導入可能な規模、導入効果の目安

6.日本におけるコスト

7.家庭での利用

8.日本の主な太陽光発電システムメーカー

9.太陽電池の利用例


10.※参考

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi