ソーラーシステムは太陽光発電(ソーラー発電)ソーラーパネルの経済メリット、オール電化+太陽光発電へのリフォームなど



ソーラーグッズ
 □ソーラーライト
 □ソーラー充電器
 □ソーラー時計
 □ソーラーインテリア


ソーラー発電
 □ソーラーチャージャー
 □ソーラーパネル


ソーラーハウス


日本国内で導入可能な規模、導入効果の目安

太陽光発電は建造物に直接設置することで架台などが簡素化でき、また送電ロスを避けられることから、電力の消費地に直接設置するのが最適の利用法とされる。
設置場所を選ばないため、設置できる量は比較的多く、最大限に設置した場合は電力が余る事態すらあり得る。

すなわち、日本国内での導入可能量は事実上、設置場所には制限を受けない。




* 日本国内の一戸建て(約2600万戸)の2割弱、500万戸に3kWのシステム(合計容量1500万kW)を設置した場合、昼間のピーク時の最大出力は天候や各種損失の影響を考慮して平均1000万kW前後と見積もられる。
出力100万kWの発電所10基分以上の出力に相当し、需要ピーク時に多くなる化石燃料の使用量をその分削減できる。




* 日本国内で導入できる量の目安として、利用可能な主な建屋の屋根や壁面、遊休地に設置したと仮定すると、設備容量にして約207GWが設置可能とされる(小長井など)。この場合の年間総発電量は約217-228TWhとなり、日本の年間総発電量の約21-22%に相当すると計算される。
またこの規模でのピーク出力は各種損失や天候の影響を見込んで平均138GW前後と計算される。
これは日本の最大電力消費量(約164GW、平成15年実績)よりは小さいが、需要状況によっては他電源との負担割合の調整が必要になるほどの規模である。


* 参考:日本の年間総発電量は約1028TWhである。
これは日本の年間の一次エネルギー総供給量(TPES)の約16.5%(2004年、出典: IEA Statistics)である。
従ってTPESと比較されている場合は比率の数字が約6分の1になる。またTPESベースでの比較の場合、太陽光発電では純粋な発電電力のみが算入されるのに対し、他電源の場合は冷却水などに廃熱として捨てられるエネルギーも含まれる場合があり、比較条件に注意が必要である。



参照:Wikipedia












































































    Copyright (C) 2007 shop31.com All Rights Reserved
   ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

     Top

1.ソーラー発電とは?

2.ソーラー発電のメリット

3.ソーラー発電で電気の売買が可能!

4.ソーラー発電の取り付けにかかる費用

5.日本国内で導入可能な規模、導入効果の目安

6.日本におけるコスト

7.家庭での利用

8.日本の主な太陽光発電システムメーカー

9.太陽電池の利用例


10.※参考
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi