ソーラーシステムは太陽光発電(ソーラー発電)ソーラーパネルの経済メリット、オール電化+太陽光発電へのリフォームなど




ソーラーグッズ
 □ソーラーライト
 □ソーラー充電器
 □ソーラー時計
 □ソーラーインテリア


ソーラー発電
 □ソーラーチャージャー
 □ソーラーパネル


ソーラーハウス


日本におけるコスト

現在の太陽光発電のコストは、単純な電力量あたりで見ると比較的高価である。 平成17年度における設備容量1kWあたりの平均価格(税抜68.4万円/kW:参考データ参照)を用いて償却年数20年で計算した場合、利子や保守費用まで含めた発電量あたりのコストは47〜63円/kWh程度と算出される(参考:NEDOによる算出法)。寿命を25年、30年と置いた場合はその分数割安くなるが、現在の一般家庭向けの電気料金(15〜35円/kWh程度)と比較してまだ割高である。 ただし単純な発電量あたりのコストは、太陽光発電特有の利点を考慮しない値であり、実際は他電源との比較において付加的なコスト上のメリット(例えばGEG排出量の削減、昼夜の電力需要および料金の差、他電源の燃料価格変動リスクなどに由来)が生じる。このような付加的なメリットは大きく、単純な発電量あたりでみたコストが従来型電源の数倍であっても、なお電力網全体のコスト低減に寄与し得る(ロビンス、スモール・イズ・プロフィタブル、P.192など)。一般家庭で金銭的に元が取れるかどうかは、個々の家庭の電力消費のパターンや利用する電力料金メニューなどの条件に大きく影響を受ける。家庭での利用を参照のこと。




家庭での利用

日本の環境では2006年現在、金利無しの計算では補助金を受けている場合は、15〜45年程度で設置費用が回収できると言われている。諸条件によって変化し、買い取り価格などの状況によっては寿命内の費用回収が難しい場合も考えられるが、料金プランによる夜間電力料金の削減などにより、比較的短期間で投資コストの回収ができる場合もある。日本においては環境意識の発露や非常用電源の確保など、費用以外の利点も導入の動機になっていると考えられているが、システム価格の低下によって投資コストを回収できる場合も増えつつある。ただし、エネルギー収支やGEG排出量の面では通常1〜数年で元が取れる(エネルギー収支またはEPT参照)。







参照:Wikipedia

              






































































    Copyright (C) 2007 shop31.com All Rights Reserved
   ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

     Top

1.ソーラー発電とは?

2.ソーラー発電のメリット

3.ソーラー発電で電気の売買が可能!

4.ソーラー発電の取り付けにかかる費用

5.日本国内で導入可能な規模、導入効果の目安

6.日本におけるコスト

7.家庭での利用

8.日本の主な太陽光発電システムメーカー

9.太陽電池の利用例


10.※参考

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi